2014~2015年度クラブ運営方針「学びと実践」

沼田中央ロータリークラブ 会長 真下 勇

2014~2015年度クラブ運営方針「学びと実践」

 
P1010912

ゲイリーC.K.ホァンRI会長はRIテーマを「ロータリーに輝きを」又、竹内正幸ガバナーは地区スローガンに「異体同心」友情と奉仕の心を掲げました。

我が沼田中央ロータリークラブも来年度には創立30周年を迎えます。

30周年を迎えるにあたってもう一度ロータリー精神の神髄を学び又会員同志が思い遣りの心を以て友情を育み親睦を深め議論を交わす事で「異体同心」に成る事が出来るでしょう。

3ヶ年地区戦略計画と我がクラブの奉仕活動、親睦活動を優しい心で実行する事によって素晴らしい結果を残す事が出来、沼田中央ロータリークラブが輝きを増す事と思います。そして、来年度には生方彰ガバナー誕生と創立30周年を自信を持って迎えましょう。

会員皆様のご支援並びにご協力をお願い申し上げます。

63800001

Welcome !

2017-2018年度 クラブ運営方針

沼田中央ロータリークラブ
会長 堤 康 喜 智

「例会、奉仕活動に積極的に参加することによりロータリーを楽しもう」

 イアン H.S ライズリーRI会長は、ロータリーは112年という長い歴史の中で、奉仕を通じて「誰かの人生により良い変化をもたらしてきた」と言っています。ロータリーにはいわゆる五大奉仕(国際奉仕、職業奉仕、社会奉仕、青少年奉仕、クラブ奉仕)があります。この奉仕活動をするのは我々ロータリアン一人一人です。その一人一人が社会のニーズに即したより良い変化を模索してきたからこそ「誰かの人生により良い変化をもたらしてきた」のだと思います。

 私たちは縁あってここ沼田中央ロータリークラブに集っています。言うまでもなくクラブはメンバー一人一人の集合体であります。そのメンバー一人一人の思いを知ることが親睦活動、奉仕活動をするにあたってその原点になるものと考えます。そこで今年度例会はメンバーの卓話をメインに取り入れたいと思います。メンバーの卓話は経験上楽しいものです。

 楽しい例会と奉仕活動を通して我が沼田中央ロータリークラブに所属していることを誇りに思い、その延長上に公共イメージの向上と会員増強がなされるものと確信いたします。

 会員一人一人の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

沼田中央ロータリークラブ