第1480回 合同例会

沼田ロータリークラブさんとの合同例会&懇親会です。

第1480回例会

2017年03月21日火曜日
場所:ホテルベラヴィータ 2F
時間:18:30より


 
 

会長の時間(沼田中央)

 本日は沼田ロータリークラブさんとの合同例会です。昨年のこの時期に合同例会を来年度は開催しましょうとお声がけを小菅会長にしましたところ快く了承して頂き本日開催をすることが出来ました。

 何故合同例会なのか、お互いのクラブにも新しい会員が入りお互いこの地域をベースに仕事をし、ロータリー活動をしている訳ですから知り会いになり損はないと思います。本日は沼田ロータリークラブさんのバングラデシュの海外ミッションのお話です。沼田ロータリークラブさんはこれまでも多くの海外ミッションを行っています、この沼田の地から海外ミッションを発信できることは素晴らしいことだと思います、今日は私たちも勉強させて頂きたいと思います。

 さて話は変わりますが、「一隅を照らす」という言葉があります、天台宗最澄の書いた書の冒頭にあるそうです。「一隅を照らす」とは仕事や生活を通じて、世のため人のためになるように努力実行することで、お互いが助け導きあいあたたかい思いやりの心が自然と拡がっていくと書かれています。先月号の「ロータリーの友」の「東京ロータリーが出来て2020年で100年」の記事の中にロータリークラブは日本人にすぐに受け入れられたと書いてありました、それは二宮尊徳やこういうお坊さんの教えが心に寝ず居ていたからだと思います。ロータリーのモットーを思い出してみてください、「超我の奉仕」「最も良く奉仕する者、最も多く報われる」シェルトンの言う「自分がしてもらいことがあれば、先ず他人にしてあげなさい」まさしく「一隅に照らす」だと思います。私たちロータリアンはこの気持ちを忘れてはいけないと思います。

 最後に本日設営をして頂きました、沼田ロータリークラブの皆様に感謝申し上げます。
 
 

スマイルボックス

永井寛之会長 植村仁幹事
沼田RCの皆様本日は合同例会設営ありがとうございます。沼田クラブ、沼田中央クラブが今後とも切磋琢磨して沼田から多くの奉仕発信ができますように宜しくお願いします。

生方彰
利根中央病院 外科部長 郡隆之先生の御来訪(ご講演)に感謝申し上げます。
合同例会の開催は大変素晴らしいことです。沼田RCと沼田中央RCの皆様が更なる親睦を深められます様に祈念致します。本日の合同例会を企画してくださいました役員・会員の皆様に心から感謝申し上げます。

林栄一 小林照夫 金井利夫 山田晃 木村修洋 林康夫 北野 石坂 浅川 小野 今井 森田 真下 武井 山崎 茂木 斉藤 河合 中嶋 平井 小澤 津久井 赤井 小曾根 宮田
沼田RC、沼田中央RCの久々の合同例会を記念して。末永いお付き合いのほど宜しくお願い致します。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です