第1418回例会

2015年もいよいよ11月となりました。残り二ヶ月です。楽しい地区大会が終了し、年明けには沼田中央ロータリークラブの30周年がやってきます。

第1418回例会

2015年11月05日木曜日
場所:ホテルベラヴィータ3階
時間:12:30より
司会:金井 康二
ロータリーソング:君が代・沼田中央ロータリーの歌 木村 博

th_IMG_1493
 
 

会長の時間

th_IMG_1497

今日は食品の賞味期限の話をします。皆さんご承知の通り、賞味期限は表示されている日までは、美味しく食べられますよ。という期限を表しています。消費期限はこの日までは食べられますよ。という期限を表しています。この「美味しく」と、「食べることが出来ます」の差は大変大きいものです。この期限を過ぎた食品が、傷んでいるかどうかを判断するのは人間の五感に頼るしかありません。目で見て変色しているか、匂いを嗅いで変な匂いがしないか、舐めてみておかしな味がしないか、こういうことで食べられるかどうか判断したのです。1995年にこの制度が導入されましたが、それ以前は五感でというのが当たり前でした。

しかし、今は小学校で食品の賞味期限をよく見て購入することを教えているようで、私の孫と買い物に行くと「これはダメだよ。賞味期限がすぐだから」と言って手を離します。こういうことでまだ食べられるのに棄てられる食料品は、年間500万トン~900万トンになります。4トントラック200万台ですから膨大なムダです。

このムダを減らすのに、来年から賞味期限が一年以上ある加工品については年月日ではなく、年月表示に変える方向になっています。もうすでにミネラルウォーターや缶コーヒーなどは年月になっているメーカーがあります。又、太田市では名称は忘れましたが、フードセンターなる施設を作って食品製造メーカーやスーパーに協力をお願いして、賞味期限に近い食品を提供してもらい、貧困家庭の方に配布しているようです。このような動きが全国で始まってくると「もったいない運動」が進んで、まだ食べられる食料品が棄てられることは減っていくと思います。

終わりに、賞味期限を導入した頃の川柳を一つ。「父さんの お腹で試す 賞味期限」これは勘弁してほしいと思います。

幹事報告

th_IMG_1498
 
 

出席報告

IMG_1500
赤井 幸夫

会員数61名 会場出席38名 欠席12名 出席率64.40% 先々週の訂正74.57%
 
 

ニコニコボックス

th_IMG_1503
石坂一男

柳会長、本山幹事
ライラ研修お疲れ様でした。本日報告会宜しくお願いします。
永井さん、平井さん、ロータリーリーダーシップ研究会セミナー、全てのセッション終了お疲れ様でした。

小林照夫
昨日家内の誕生日にステキな花を頂いてありがとうございました。

真下勇
本日早退いたします。

藤塚勲
当クラブのOBで、医師会前会長の白井先生が秋の叙勲で旭日双光章を受賞したので、記念してbox inします。

林秀彦
本日、沼田看護学校の講義の為、早退します。

田村総一郎
親睦部会、今年度第1回親睦ゴルフコンペ、8日(日曜日)開催です。みなさまの参加で20名となりました。本当にありがとうございます。怪我の無いようにがんばりましょう。

樋口喜幸
第15回RYLA研修会も伊勢崎中央RCがホストクラブとなり赤城山では盛大に行われました。来年は我がクラブがホストとなり行います。みなさんの協力お願いします。

ライラ研修報告

th_IMG_1514

th_IMG_1522

RYLAセミナーにはロータリアン、ローターアクト、米山奨学生、企業の若い戦士たち約130名画集まりました。我が沼田中央ロータリークラブからは、群馬銀行から金井くんが参加してくれました。

来年は当クラブが研修会を行う予定です。皆様のご協力をお願いいたします。

新入会員卓話

th_IMG_1528

堤 浩恵

 
th_IMG_1488

th_IMG_1490

th_IMG_1507

th_IMG_1508

th_IMG_1525

th_IMG_1523

th_IMG_1524

th_IMG_1526

th_IMG_1489

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です